野球選手がウエイトトレーニングを行う必要性や8つのメニューを解説


 

著者:伊藤 出パーソナルトレーナー / IDEALSTYLE代表

パーソナルトレーナー歴11年|元三笠宮寛仁親王殿下のパーソナルトレーナーであった魚住廣信名誉教授に師事|指導経歴:宝塚歌劇団員・三菱重工神戸野球部員・ボクシングミニマム級5位など|アスリートフードマイスター&元板前。

TwitterYouTube無料体験のお申込        
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

野球選手が筋力を向上させることで基礎体力が向上し、コンディショニングを整えることにつながります。

そのためにウエイトトレーニングをすることは重要であり、必要になるトレーニング方法の1つでもあります。

この記事では、

  • 野球選手がウエイトトレーニングを行う必要性
  • 野球選手に行ってほしい8つのメニュー

などを解説します。

 

野球選手がウエイトトレーニングを行う必要性

野球選手がウエイトトレーニングをすることは重要ですが、必要性は以下の通りです。

基礎体力が向上する

ウエイトトレーニングを行うことで筋力が向上しますが、筋力は身体的コンディショニングの一要素でもあるんですね。

コンディショニングが向上することで野球選手としての土台が大きくなり、練習を行えばより技術向上に役立つんですね。

この辺りは、「コンディショニングとは?意味や効果などをトレーナーが解説」で詳しく解説しているので、まずはこちらをご覧ください。

ウエイトトレーニングが必須ではない

上記の記事で、筋力トレーニングの必要性は理解していただけたと思いますが、実は決してウエイトトレーニングが必要なわけではありません。

重要なことは、

ウエイトトレーニングをすることではなく、筋力を高めるトレーニングが必要

だということです。

筋力を向上させようと思うと、基本的には「筋肉の断面積」を大きくすることが必要です。シンプルに言えば、筋肉のサイズを大きくすることが必要になります。

筋肉のサイズを大きくする方法の1つがウエイトトレーニングであって、その他には、

  • レジスタンストレーニング
  • 加圧トレーニング
  • スロートレーニング など

いろんな方法があります。

大事なところなので、もう1度お伝えしますが、

野球選手はウエイトトレーニングをすることが必須なわけではなく、筋力を高めるトレーニングを行うことが重要

だということです。

とはいえ、筋力を高めるための方法の1つにウエイトトレーニングがあるので、実施することは重要な意味を持ちます。

重いものを軽く扱うことが重要

野球選手がウエイトトレーニングを行う時に気をつけたいのが、

身体を動かす手順、動作の順序を適切に把握して行うこと

です。動きの手順を守ってトレーニングを行うと、重いものを軽く扱うことができます。

そうすると、ある意味楽に大きな力を発揮することができ、動作も硬くならずに済みます。

動作が硬くなってしまうとマイナスになることもありますが、こういうやり方でウエイトトレーニングを行えば非常にプラスになるんですね。

では、野球選手は具体的にどのようなウエイトトレーニングを行えばいいのでしょうか?

 

野球選手のウエイトトレーニングメニュー:上半身

本来であれば目的や年齢などのよってメニューは大きく変わりますが、基本的な内容は以下の通りです。まずは上半身のトレーニングメニューですね。

①ダンベルベンチプレス

手順

  1. ベンチ台に仰向けになり、肩の真上でダンベルを持つ
  2. 胸辺りに横側へダンベルを下げる
  3. 肩を少し前に出すようにダンベルを肩の前へ押し上げる
  4. これを10回×3セット行う

②プルオーバー

手順

  1. ベンチ台に仰向けになり、肩の真上でダンベルを両手で持つ
  2. 上腕の位置を変えないように肘を曲げ、ダンベルを頭の腕で構える
  3. ここからバンザイするイメージでダンベルを下ろしていく
  4. 上半身全体が伸ばされたら腕を元の位置に戻す
  5. これを10回×3セット行う

③ダンベルプレス

手順

  1. ベンチに座り、骨盤を軽く前傾させる
  2. 肩の真上辺りでダンベルを持つ
  3. 腕が地面と垂直になるようにダンベルを頭上へ上げる
  4. そこから肩の真上にダンベルを下げる
  5. これを10回×3セット行う

④アームカール

手順

  1. ダンベルを持ち、太ももの前側で構える
  2. 親指側を少し前に前に出しながら肘を曲げる
  3. そして、肘を曲げるとき小指を内側に捻る
  4. 同じ軌道で肘を伸ばす
  5. これを10回×3セット行う

 

野球選手のウエイトトレーニングメニュー:下半身

続いては下半身のトレーニングです。

⑤バックスクワット

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も軽く開く
  2. 体重を足裏全体に乗せておく
  3. バーを担ぎ、肩に乗せる
  4. 真下にへしゃげるようにしゃがみ立ちあがる
  5. これを10回×3セット行う

⑥フロントスクワット

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先も軽く開く
  2. 体重を足裏全体に乗せておく
  3. 腕を前に上げ、バーを肩に乗せる
  4. そのまま真下にへしゃげるようにしゃがみ、立ち上がる
  5. これを10回×3セット行う

⑦フロントランジ

手順

  1. 脚を腰幅に開き、両手にダンベルを持つ
  2. 片脚を大きく前に踏み出し、足裏全体で着地する
  3. このとき、前脚の膝がつま先よりも出ないように注意する
  4. 足裏で地面を押し返すように元の位置に戻る
  5. 同じ要領で逆脚を踏み出す
  6. これを10回×2セット行う

 

野球選手のウエイトトレーニングメニュー:体幹

そして、もう1つの方法は体幹トレーニングです。

この内容は「トレーナーが解説!野球選手に効果的な体幹トレーニング10選」で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてみてください。

そして、上記などでは、

  • 回数
  • セット数

などを目安でお伝えしましたが、詳しい設定数値などについては「【徹底解説】大胸筋が大きくならない原因と大きくする5つの方法」で解説しています。

こちらも参考にしつつ強度などや頻度を適切に設定すれば、筋力を向上させることができます。

 

野球選手がウエイトトレーニングを行うときの注意点

上記でお伝えしたようなウエイトトレーニングを行う時、以下のようなことに注意が必要です。

動作手順の習得が最優先

先ほどもお伝えしましたが、野球選手に重要な要素はスピードであり、動作手順を守ってスムーズな動作の習得が最優先になります。

重い物をいかに持ち上げるかという視点でウエイトトレーニングを行ってしまうと、スムーズな動作の妨げになる可能性もあるんですね。

ですので、必ず動作手順を守り、目的を整理した状態でウエイトトレーニングを行うことが重要です。

体重支持ポイントにも気をつける

下半身のウエイトトレーニングを行う際、足裏のどこに体重を乗せるかということも重要です。

野球の動作で、軸足に体重を乗せる局面はよくありますが、このとき「踝の真下」に体重を乗せると安定して立てます。

スクワットなどを行う際に、このポイントに体重を乗せて行えば、その後非常に安定して立ちやすくなるんですね。

このように、ウエイトトレーニングで行った動作を身体がインプットし、実際の動きに反映されます。

ですので、特に下半身のトレーニングを行う時は、この「踝の真下」に体重を乗せて動作を行うことも重要です。

筋肉を緩めながら行う

先ほどスピードが重要だとお伝えしましたが、ウエイトトレーニング中に筋肉が硬くならないようにする工夫も必要です。

現場でよく行っているのは、「セット間」「種目間」などに身体をぶらぶら揺らして筋肉を緩めることです。

そうすると硬くなった部位も柔らかくなりますし、乳酸の代謝も早まるため、疲労回復にも効果的です。

ですので、

  • ウエイトトレーニングを1セットこなす
  • 休息時間に身体をぶらぶら揺らす
  • 次のセットに移る

というように、野球選手はトレーニングと並行して筋肉を緩めることも重要ですね。

こういった注意点などもおさえつつウエイトトレーニングを行えば、よりレベルアップできるので、ぜひ上記を参考に実践してみてください。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

また、野球選手の参考になりそうな記事も貼っておくので、こちらも参考にどうぞ。

▼パーソナルトレーニング
の無料体験やレッスンお申込はこちら


 
IDEALSTYLEでは、野球やランニングに関する悩みを改善するために、パーソナルトレーニングの無料体験を行っています。

「何をしても変わらない」「どうすれば変わるんだろう...」そんな悩みを改善する“きっかけ”をご提供できればと思っています。

無料体験をご希望の方や悩みを改善したい方は、お気軽にご相談ください。

IDEALSTYLEについて
無料体験のお申込はこちら
出張パーソナルのお申込はこちら
オンラインパーソナルのお申込はこちら
【毎月限定1名】モニター募集について

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*